このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年中途入社

小野 亜由美

スター☆ギフト/児童発達支援管理責任者
学校卒業後、認可保育園に12年間勤務。2019年4月に「スター☆ギフト」に正社員として入社。
スター☆ギフト/児童発達支援管理責任者/小野 亜由美

『療保』という考え方に魅力を感じ、入社しました。

前職の保育園で毎年、発達が気になる子がいて、自分の知識のなさを歯痒く感じ、自分の関わりとして何かできることはないかと考えていました。それらがきっかけで児童発達支援の勉強をしたいと思うようになり、自分のステップアップとしてこの道に進もうと決意しました。
面接で色々なお話をしていただき「ベースとして保育があり、療育と保育の良い部分を併せ持ってやっていこうとしている」という考えを伺いました。療育と保育を掛け合わせた『療保』という考え方にとても魅力を感じ、「自分のやりたかったことはこれだ!」と思って入社を決めました。

その子の興味を見つけた時に「やった!」という気持ちになります。

この仕事をしていると日々、子どもと同じ時間を過ごす中でたくさんの喜びがあります。例えば私の名前を呼んでくれた時や、子どもの方から話しかけてきてくれるようになり信頼関係が築けてきたなと感じられた時など、とても嬉しい気持ちになります。また、集団で過ごす中で自分以外を意識してお友達の名前を読んだりなど、少しずつでもその子の世界が広がっているのを見ると嬉しくなります!保護者とその喜びを共有して一緒に感動できるのも、この仕事ならではですね。

不安な時には『子どもにとっての一番良い方法をみんなで考える』そんな職場です。

今はまだ療育に関して自分の中で知識が足りておらず、もっと学んでいかなくてはいけないと思っています。普段の保育の中でも、その子の困っていることにきちんと気付けているのかが不安になることがあります。そんな時には、その子の困りごとをどうしたら解消できそうか?と職員同士で話し合ったりアドバイスし合ったりして、「よし、やってみよう!やってみてからまた考えよう!」と、いつも子どもにとっての一番良い方法を考えながら保育をしています。

保護者との信頼関係を築いていき、一緒に子どもの成長を見守っていきたいです。

その子の成長のためには、保護者と一緒に考え信頼関係を築いていくことが大切だと考えています。
お子さんだけではなくて、ご家族も含め、その子に関わる全ての人で一緒に成長を見守っていければと思ってやっています。私だけでなくスタッフみんなで一緒に考えて意見交換をしながら、大人も子どもも楽しく過ごせる場所であることを目指しています。そして保護者もその成長を一緒に楽しむ!そんな気持ちで保育をしています。

とにかく今は考えることが楽しいです!

グッドスターキッズハウスは「子どものために」より良い方法を皆で考えていける場所だと思います。
職場としては、考えることが多いので、自分でやってみようとか試してみようというのをみんなの前で言葉にしてやっていける場所。考えることが大変だけど、だからこそ成長できる職場だと思います。
園として決まった型があるわけではなく、子どもたち一人ひとりに合わせてより良い方法を職員同士で意見やアイディアを出し合いながら、子どもたちに何ができるか、子どもたちと何をしようかいつも話をしています。自分で色々と考えて試してみたい、挑戦してみたい方はやりがいを感じることができる職場ではないかと思います。
今後は、子どもたちが今以上に笑って登園して来てくれて、園での時間を楽しんで、笑って帰ってくれる施設づくりをしていきたいです。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

その他の保育関連職に関連する求人票を見る