このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年中途入社

小川 理恵

スター☆パレット/リーダー
学校を卒業後、一般企業、小学校教諭、児童館などの仕事を経て、2018年4月にグッドスターキッズハウスへ入社。現在は児童発達支援事業所「スター☆パレット」へ配属。2児の母。
スター☆パレット/リーダー/小川 理恵

スターポケットの求人をみて「やりがいがありそう!」と強く感じて応募しました。

以前から子どもに関わる仕事をしてきており、小学校教諭や児童館などで働いていたときに、発達障がいの子どもたちと接する機会がありました。当時は障がいのことに対して知識不足で、どう接すればよいのかわからないまま一緒に過ごしていました。
もっと自分に出来ることがあったのではないか?という想いを持ちながら過ごしていたところ、スターポケットの「児童発達支援」の求人を偶然見つけて、「この仕事しかない!ここだ!やりがいがとてもありそう!」と強く感じて応募しました。

子どもの未来の鍵を握る、とても大切な仕事です。

子どもたちの人生において、一番重要な時期に関われるこの仕事は、簡単な仕事では決してないと思います。私は特に、児童指導員は未経験で入社したので、初めはわからないことだらけで戸惑いがありました。子どもたちとの関わりについてわからないことや悩んでいることがあれば、まずは児童発達管理責任者や先輩に訊いたり、自分でとことん調べてみたりしています。
そんな中で色々な方法をやってみて、難しいと感じたらまた違う方法を試してみて子どもの反応をみて、、の繰り返しです。間違った支援をしてしまったら、子どもの未来が変わってしまう可能性だってあります。だからこそ、職員みんなで悩んで考えて、一緒に子どもたちと向き合っています。
言葉がでない子でも、表情で心地よさや嬉しいを伝えてくれることがあります。そんなときは、その子のことを理解できた、新しい発見ができた!と本当にこの仕事が楽しいと感じます!

この仕事は大変ながらも、とてもやりがいのある仕事です。

上にも記載しましたが、この仕事は決して楽な仕事ではありません。
しかしゆっくりながらも、しっかりと成長を感じられる子どもたちの姿がみられたときは、本当に嬉しいです。
「できない」から「できる」に変わった瞬間をみれたりするとき、「やっててよかったー!」と感じます。また送り迎えのときに今日の報告をしますが、保護者の表情が明るくなっていくときや感動されているとき、本当にやりがいを感じます。
また子どもたちの笑顔には、物凄いパワーがあります!
子どもたちも保護者もみんなが笑顔で幸せになれる施設を作っていきたいと感じています。

子育てと家庭の両立ができる会社で、感謝しています。

子育てと家庭の両立ができる仕事を探していたところ、スターポケットでの仕事は、勤務時間や休みなどが生活にぴったりと当てはまりました。ほとんど残業なしで退勤できるので、子どもたちを迎えにいくのも無理なくできており、子育てと家庭の両立ができていて嬉しいです。
入社当初は、子どもが保育園でよく病気をもらってきてしまい、急遽休みになったり園から頻繁に呼び出されることもありました。「迷惑をかけて申し訳ない」と心苦しくなることが多かったです。しかし、他の先生方が「お互い様だから大丈夫!気にしないで子どもと一緒にいてね」と快くサポートしてくれたので、すごく嬉しかったし、精神的な部分で本当に助けられました。
もし今後、スターポケットに子育て中のパパママが入社してきたら、今度は私がして頂いたときと同じように、心から支えてあげられる立場になりたいと思っています。

まだまだ発展途上の部分もありますが、自分たちでより良い職場を作っていきたいです。

まだまだ完成形ではない職場です。だからこそ主体的に働くこと、みんなで作り上げていくことにやりがいを感じられる方と、一緒により良い職場を作っていきたいと思っています。
子どもが成長していく姿、子どもたちの未来を考え、側で応援していくこの仕事は、大変ながらもとてもやりがいがある仕事です。
児童指導員をやっていく中で、行き詰まったり、悩んだりすることも色々あるかもしれませんが、子どもたちの笑顔を見ると色んなものが吹き飛んでいきます!!
ぜひ一緒に子どもたちのたくさんの成長と笑顔をみて、たくさんの喜びを感じていきましょう!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

その他の保育関連職に関連する求人票を見る