このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年中途入社

長根尾 貴子

スター☆ポケット/児童発達支援管理責任者
学校を卒業後、知的障害者入所施設、放課後等デイサービスなどを経験後、2015 年に「スターギフト」(児童発達支援、放課後等デイサービス)の立ち上げメンバーとして入社。児童発達支援管理責任者として勤務。今年で7年目を迎える。3児の母。
スター☆ポケット/児童発達支援管理責任者/長根尾 貴子

障がいをもった子の、人生でとても大切な時期に寄り添える会社だと思い、入社を決めました。

グッドスターキッズハウスに入社する前は、入所施設や放課後等デイサービスで障がいをもった方と接してきました。年齢は小学生から大人までです。
転職活動をする中で「スターギフト」の求人をみたときに、保育園が母体の会社で、幼少期からの子どもに焦点を合わせている会社だと感じたことが、応募した動機です。以前、障がい者支援をしていたときに、ご家族から本人の幼少期の話を聞いていました。成長段階の悩みを知ることで、より本人やご家族の困り感に寄り添えるのでないか、幼少期から寄り添うことが大切なのではないかと思っていました。
また面接で、「障がい者の子どもの頃から就職までをサポートする流れを考えている」とお話いただきました。1つの会社にいれば、その子の人生のとても大切な時期に関われる、担当するのが自分一人ではないにしても、長いスパンを見据えてその子に寄り添っていけると思い、こんなにやりがいのある場所はない!と思い、入社を決めました。

徹底的に子どもを中心に考え、一人一人にとにかく一生懸命に寄り添っています。

私が思うこの仕事の役割は「保護者が望む、理想の子どもに近づける」ことではないと思っています。言葉が出ない子が話せるようになってほしい、偏食をなくしてほしい、そういったことを望む気持ちは痛いほどよく理解しています。ですがそこで一番大切なのは、子どもの気持ちや発達を中心に考え、今はまだ出来る段階ではないということをきちんと認めること、その上で保護者の気持ちに寄り添っていくことだと考えています。

「スターパレット」を選び、預けてくださっている。ということに強く責任を感じています。

子どもとしてではなく一人の人間として関わり、生きていく上で必要な身辺自立や、困ったことを発信できる力を身につけてほしいと、子どもたちの心と体の成長には責任を強く感じています。また保護者の皆さんが、色々な選択肢からこの「スターパレット」を選び、預けてくださっているという事実から、1日だって1分だって無駄に出来ない、少しでも子どもたちの成長に繋げていきたいと思っています。
発語のなかった子が唄を歌えるようになった時など、支援計画で定めた目標が達成出来たときは、適した支援が出来ていたのだと感じとても安心します。
スターパレットに預けたからお箸が使えるようになった、座っていられるようになった、自分で食事が出来るようになったなどは、保護者や私たちだけではなく、子どもたち自身の未来が開いて行けることになります。ゆっくりではありますが、必ず子どもたちは成長しています。その成長が見えた時に大きなやりがいを感じます。

一緒に働くメンバーは、療育を突き詰めている仲間です。同じ目標に向かっていると感じます。

職員一人ひとりが、自分で考えて行動しているチームです。また、自分の考えや意見を言いやすい会社だと思っています。困ったとき、わからないとき、悩んだときはみんなで意見を出し合える環境です。保護者の方とも子どもを見守る・導く仲間として、コミュニケーションを取っています。
子どもの気持ちを理解して、本人や保護者の「困り感」を少しでも解決していきたいと、みんなで取り組んでいます。
保護者の方から相談される子どもの悩みは、障がいの悩みではないと私は思っています。もちろん悩みの内容は健常の子と違うのかもしれませんが、「障がいがあるから」ではなく、すべてが子育てに関する悩みです。子どもが3歳であれば、お母さんも3歳です。迷っていること悩んでいることを、たくさん相談してほしい、その気持ちに寄り添って子育てを応援したいと考えています。
子どもたちのエピソードを職員と話し合ったりするときや、保護者からご家庭でのほっこりとした話を聞くとき、とてもとても楽しいと感じます。

子どもの20年後の姿を真剣に考えていきましょう!一緒に真剣に楽しめる、そんな仲間をお待ちしています。

職員一人ひとりが、自分で考えて行動しているチームです。また、自分の考えや意見を言いやすい会社だと思っています。困ったとき、分からないとき、悩んだときはみんなで意見を出し合える環境です。保護者の方とも子どもを見守る・導く仲間として、コミュニケーションを取っています。
子どもの気持ちを想像して、子どもや保護者の「困り感」に少しでも力になりたいと、みんなで取り組んでいます。
保護者の方から相談される子どもの悩みは、一概に「障がいの悩み」と一括りには出来ません。もちろん悩みの内容は健常の子と違うのかもしれませんが、「障がいがあるから」ではなく、すべてが子育てに関する悩みです。子どもが3歳であれば、お母さんも3歳です。迷っていること悩んでいることを、たくさん相談してほしい、その気持ちに寄り添って子育ての応援をしたいと考えています。
子どもたちのエピソードを職員と話し合ったりするときや、保護者からご家庭でのほっこりとした話を聞くとき、とても嬉しいと感じます。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

その他の保育関連職に関連する求人票を見る